税理士と社労士は何が違う?特徴を知って有効活用

わからない事は税理士&社労士を頼るのが一番!

社労士の仕事

会社の労働規約、その他労働関係に関する相談を中心に承っています。ただ相談内容によっては、解決に至らないこともあります。

相談で多い内容トップ3

no.1

労働に関すること

何の理由もなく解雇された、給与支払いがされていないなどは社労士によく寄せられる相談です。経営者の場合は、退職問題、社員同士のトラブルなどが挙げられます。

no.2

助成金に関すること

労働社会保険諸法令に元ずく助成金は、真性するための幅広い知識が必要です。しかし、社労士ではないので素人では知識が乏しい面もあるでしょう。助成金の申請についての相談は専門家に相談するのが適切です。

no.3

年金手続きについての相談

原則日本に住む全ての人は、国民年金制度に加入します。また、受給資格や自動的に支給を開始する手続きを要することもあります。これらのサポートも社労士が行なうので、頼りましょう。

税理士と社労士は何が違う?特徴を知って有効活用

男性

社労士の見つけ方

横浜で社労士を見つけるならネットが簡単でおすすめです。お住まいの地域をクリックすれば、その地域で活躍する社労士がピックアップされます。リストも公開されているので、直接連絡する時に活用しましょう。

いい社労士の条件

横浜で社労士を選ぶ時に一番重要なのは、依頼者の立場になって物事を考えられるかです。それによってサポート内容が違うといっても過言ではないでしょう。且つ相性がよければgoodです。後は、専門性が高いか得意分野を持っているかも社労士を選ぶ上で大切です。

確定申告をする場合

会社や自営業を始めて悩むのが確定申告です。自分で行なったり、税理士に頼んだりとやり方はそれぞれです。自分で行なう場合は、請求書や領収書を見て帳簿づくりにしていきます。しかし、この作業が非常に面倒なため、多くは税理士に依頼するようです。大阪や江戸川で会社を立ち上げた際は、信頼できる人を顧問税理士にしましょう。

利用者の声をまとめました

親身に話を聞いてくれました

社労士に労働環境について相談をしたのか、とても親身になって話を聞いてくれました。それが印象深かったです。問題解決に時間を要しましたが、社労士のお陰でなんとかなりました。

確定申告に便利!

確定申告はやることが沢山あって、何がなんだかさっぱり!税理士という強い味方がいるので迷わず依頼しました。問題なくできたので、確定申告に悩んでいる人は頼った方がいいかもしれません。