交通事故に遭った時の注意点とは?弁護士に相談もあり

交通事故でトラブルが発生!弁護士登場で穏便解決

他人事ではない

大阪の交通事故のニュースを見ていても、自分には関係話と他人事のように感じます。しかし、車を運転している以上いずれ自分が被害者になったり加害者になったりする場合もあるのです。

示談と和解の違いを比較してみた

和解の場合

物事を話し合いで解決し、平和な状態になることを和解と言います。示談も似たような理由なので紛らわしいでしょう。

示談の場合

示談の場合は、怪我をさせた相手が差し出した条件を承諾し、成立させることを指します。和解だと、双方の譲る気持ちが必要ですが示談は、相手が承諾しないと話し合いは平行線のままです。

交通事故に遭った時の注意点とは?弁護士に相談もあり

交通事故

弁護士に相談をした方がいい場合

示談交渉、また過失割合に関する問題が生じた場合保険会社では頼りないです。この場合は、交通事故に詳しい弁護士に相談をするのが適切です。さらに過失割合の是正が期待できたり、面倒な手続きを代わりに行ってくれたりなどのメリットも得られるでしょう。裁判になった場合も、有利になるよう一生懸命動いてくれます。

男女

弁護士の選び方

交通事故の被害者になることは誰でも起こりうるトラブルです。また被害者になった以上加害者への対応も必要です。加害者対応に関しては、怪我の状態が安定してから本格的に示談交渉を行ないます。被害者の思う金額を請求できればいいですが、希望通りにいかないこともあります。こういう時にどう働くかで弁護士の力量は試されます。そのため、数多くの事故を取り扱っている法律に詳しい弁護士への協力が不可欠となります。

勝手に話を進めない

怪我もなく、車の損傷も少ない場合は警察や保険会社に通報せず当事者で解決されることもあります。後になって体に異変が起こっても、適切な対応ができないこともあるため、小さい事故だったとしてもきちんと通報しましょう。