お店を始める前に風営許可申請の知識をつけよう

風営許可申請とは?お店を始める前に知っておきたいこと

お店を始める前に風営許可申請の知識をつけよう

ジャッジガベル

風営許可申請を知ろう

お客さんに飲食やレジャーサービスを提供するキャバクラ、スナックなどは風営許申請なしでは営業できないため注意が必要です。また、漫画喫茶やパチンコ店も対象なので、これらのお店を今後営業する際は、正しい方法で申請作業を行ないましょう。

相談

実査を乗り越える方法

風営許可申請を通すためには、風俗浄化協会による実査が不可欠です。相手はプロなので、些細なミスを見逃すなんてことはしません。スムーズに突破するには、図面や店舗内が一致していること、18歳立ち入り禁止の板を貼っていること、従業員名簿がきちんと作成されていることなどに十分注意が必要です。他にも、防音対策や飲食店営業許可証の有無もチェックされます。

男性

申請の基本的な流れ

面談にて、風営許可申請に必要な書類の説明、腸さ、図面の作成をしていきます。これが終わると、申請書の届け出を行ない、許可を取得します。不備が見当たらない場合は最短50日で許可が下ります。

相談

代行に依頼した場合の費用

キャバクラやスナック、クラブなどの場合は20万円前後、夜に営業する飲食店なら5万円から7万円が相場です。一方、アダルト関連のお店は5万円と安くなるようです。

風俗営業許可VS深夜営業許許可の違いを知ろう

風俗営業許可

楽しい雰囲気でお酒を飲んだり会話をしたりする行為は接待にあたるため、風俗営業に該当します。また風俗営業だと、深夜0時以降の営業はできないことになっています。

深夜営業許可

風俗営業許可との違いは、深夜営業をする際に必要な手続きさえ済んでいれば、深夜も問題なく営業できることです。ただ、0時以降の接待行為はできないことが大半です。