不動産を任意売却する|借金の返済にも当てられる

一軒家

市場価格で売却できます

家

不動産価格上昇の影響です

借入金の返済が困難になって延滞している場合に、担保に提供している不動産を競売ではなく債務者が自主的に売却して借入金の返済に充当することを任意売却と言います。近年は東京において任意売却が増加しており、その背景には東京の不動産の価格が上昇していることがあります。融資をしている銀行などは融資の返済が延滞すると最終的には担保不動産を処分して融資を回収することになります。しかし、不動産の状況によっては競売をすると時間がかかるかもしれません。また、競売には最低競落価格が設定されており、そのため市場価格よりも安値で競落される事例があります。そのため、土地の価格が上昇している東京においては競売ではなく任意売却が増加しているのです。

期間を区切って行います

債務の返済が困難になって、競売ではなく任意売却をするためには、債権者である銀行などと債務者との関係が重要です。東京の不動産価格は上昇していますので、少しでも高い価格で担保不動産を売却して債務の返済に充てたいのは債権者も債務者も同じです。債務者は一定の期間を区切って不動産の売却を進めます。債権者は無期限に任意売却を待つことはできません。一般的には半年程度の期間が設定されて、その期間内に売却ができなければ、最終的には競売になってしまいます。任意売却の価格に関しても債権者と債務者との間で事前に話し合いが行われます。もちろん、競売において想定される競落価格よりは、任意売却の最低価格の方が話し合いによっては金額が上になります。

住宅の購入をするなら

スーツの男性

確かな実績を持つビーバーハウスでは、入居から契約まで万全の体制でサポートを行ってくれるだけではなく、入居後もしっかりとしたアフターサービスを行ってくれます。ビーバーハウスの住宅は耐震性にもしっかりと配慮されているため、安心して住むことが出来るようになっています。

もっと読む

木にこだわりあり

男性

住友林業というハウスメーカは、坪単価は低い方ではありません。それでも、評判が良いのは木造住宅の素晴らしさを伝えようとする様々な取り組みや実績、親身になって話をきいてくれるスタッフや営業の人の温かさや住んでからの安心感のようです。住友林業の評判サイトをぜひ見てみると良さそうです。

もっと読む

マイホームを建てる

一軒家

全国各地に点在しているジャパンハウジングセンターは、豊富なハウスメーカーが揃っているので比較できます。出入り自由、そして担当者は常時在籍しているため、聞きたい事をその場で質問できるのが魅力の一つです。

もっと読む